SBIキャピタルベース|仮想通貨のICO等/資金調達プラットフォーム提供

SBIキャピタルベースがICOプラットフォームの提供

コイナーズがオススメする仮想通貨取引所ランキングバナー
国内でネムやリップルのアルトコインレバレッジ取引が可能

※コインチェックXEM流出問題を受け、これから仮想通貨を始められる方はZaifでのお取引をお願いいたしております。




スポンサーリンク

SBI CapitalBase|資金調達プラットフォーム提供会社設立

SBIキャピタルベースがICOプラットフォームの提供

2017年10月12日、SBIホールディングスが、
SBI CapitalBase株式会社設立を発表しました。

FinTechを活用しベンチャー・中小企業向けに、
資金調達支援プラットフォーム等を提供します。

●SBIホールディングス公式

FinTechとは、
Faince(金融)×Technology(技術)を組み合わせた造語です。
また後日別記事で紹介します。

SBIバーチャルカレンシーズSBIレミット
SBI Ripple AsiaさらにはSコイン等、
仮想通貨市場のあらゆるネットワークとインフラ創りを進めており、

Coiners目線でSBI仮想通貨市場・最強説を唱えていきますw


SBI キャピタルベース会社概要

名称 SBI CapitalBase株式会社
所在地 東京都港区六本木1-6-1
代表者 代表取締役会長:北尾 吉孝
代表取締役社長:佐藤 隼人
事業内容 1.インターネットを利用した資金調達支援プラットフォームの構築および運営
2.インターネットを利用したM&Aプラットフォームの構築および運営
設立年月日 2017年10月11日
資本金 300百万円(資本準備金を含む)
株主 SBIグループ100%出資

SBI CapitalBase事業内容

簡単にSBIホールディングスのプレス内容をまとめていきます。

SBIキャピタルベースとは
●FinTechを活用し、
ベンチャー・中小企業向けに資金調達支援プラットフォーム開発

●ICO・購入型クラウドファンディング等、
複数の資金調達手段サービスを提供

●企業の成長ステージに応じた最適な資金調達をサポート

●さらにM&Aプラットフォームの提供

●ベンチャー・中小企業のM&A案件のアレンジサポート

 
ICOのプラットフォームで言うと、
コイナーズ一推しのCOMSAが現状リーダーシップをとっています。
※10月13日現在91億円ICOで資金調達達成中(目指せ100億!)。

ただ、SBIはネットワーづくり構想が大きいので、
ピンポイントで強いというより、
横断的にみて(現状)最強という点を抑えておいてください。

以下SBI公式より引用
 
これまでの非上場企業向け資金調達支援サービスは一部の投資家を対象とした限定されたものでしたが、SBI CapitalBaseは近年の成長著しいFinTech分野における中心的技術である「ブロックチェーン・ビッグデータ・AI」といった技術をベースに、投資家の裾野を拡大しつつ、オンラインで効率的なマッチングを実現させることでベンチャーエコシステムを活性化させ、新産業の育成を目指します。

SBI バーチャルカレンシーズはいつ?

SBIバーチャルカレンシーズの取引口座開設の先行予約開始

9月29日に仮想通貨交換業登録が完了し、
10月5日にバーチャルカレンシーズ取引口座開設の先行予約受付を開始しています。
本日10月13日現在、先行予約者宛てにもまだ情報は届いておりません。

もう少し待ちましょうw