要注目のCOMSA/コムサ(CMS)の「ここがすごい」をまとめてみた。

コムサトークンのプレセールを説明する画像

コイナーズがオススメする仮想通貨取引所ランキングバナー
国内でネムやリップルのアルトコインレバレッジ取引が可能

※コインチェックXEM流出問題を受け、これから仮想通貨を始められる方はZaifでのお取引をお願いいたしております。




スポンサーリンク

COMSA/コムサ(CMS)についてまとめていきます。

まずはこちらのリフェラルリンクから事前登録をお願いします!

事前登録はメールのみで個人情報入力は不要です。


テックビューロが始めるコムサICOのプレセールを説明する画像

すでに色々なサイトでCOMSAについて解説されていますので、

Coinersではある程度細かい部分や技術用語を極力省略させていただき、

結局のところ「何がどうすごいのか」という部分を説明してきます。

基本情報

名称 COMSA
読み方 コムサ
通貨記号(トークン) CMS
プレトークンセール 2017年10月2日
トークンセールのページ https://tokensale.comsa.io/
総発行数 トークンセール終了時、参加者に発行されるトークン数の2倍でロック
特徴 実ビジネスのブロックチェーン導入を支援するICOソリューション
コンセンサスアルゴリズム
ホワイトペーパー https://comsa.io/ja/download/52740/
取引所(予定) Zaif

COMSAをわかりやすく

COMSA
日本初ICOソリューションプラットフォームの提供と、
実ビジネスにブロックチェーンを実装させる支援
をおこないます。

ICOに関してはこちらを参考にしてみてください。
パブリックチェーンとプライベートチェーンに関してはこちらを参照ください。

現状ICOでの資金調達をおこなう為には、
クリプト関連の知識、経験、技術のハードルをクリアしなければなりません。

また、ブロックチェーンをビジネスに実装していく上でも、
上記のような知識、経験、技術に加え、多くの開発費、人件費がかかります。

この問題を解決するプロジェクトが、テックビューロのCOMSAだと考えてください。


下記の図はCOMSAのホワイトペーパーから引用させていただきました。
COMSAの価値最大化までの流れについて説明する画像

ICOの準備では多言語のホワイトペーパーの作成など必要なものがすべてサポートされ、

トークンの上場・活用をおこない価値を最大化させる。

というのが、プロジェクトのソリューション内容です。

そこに、

●COMSA CORE(変換ネットワーク)と、

●COMSA HUB
(パブリックチェーンとプライベートチェーン
mijinの接続、そしてトークンと他通貨とのレートの固定)

を統合、構築していくと書かれています。


COMSAのこれからの流れ

  1. COMSA自体ICOで資金調達をする
  2. その調達した資金は、
    トークンセール基盤プラットフォーム等の諸々の開発費にあてられます。
    ※Zaif取引所の整備等にも使われます。

    私たちがトークンセールで購入するCMSトークンは、
    後のCOMSAプラットフォーム上でのICO案件に払込手段として使用できます。
    トークンに関してはこちらを参考にしてみてください。

  3. 今度はそのプラットフォーム上で下記2社がICOを行う

    株式会社プレミアムウォーターホールディングス

    株式会社CAMPFIRE 

 

結局何がすごいのか。

「ICOで資金調達をしたい企業」「ICOで出資したい世界の一般投資家」

両者がより「簡単」にICOに参加できるプラットフォームをCOMSAがつくり、

さらにその企業は資金調達だけでなく、
すぐに実ビジネスにブロックチェーンを導入することができる

※もちろんですが、ある程度実績をもった企業かどうかの審査があり、
やみくもにCOMSAでICOをさせる事はないので安心してください。
※一定のCMSトークン保持者も(投票という形で)
対象企業の審査に関われるようです。

双方のメリットをざっくりまとめてみます。

「ICOで資金調達をしたい企業」

  1. ICOの知識がそこまで無くてもCOMSAのサポートを受けて、
    低コストで、資金調達を行える環境が既に用意されている
  2. COMSAのプラットフォームで企業が発行したトークンが、
    Zaif取引所で売買可能となる。

    また法的な対応策も用意され、かつ、
    独自トークンの価格変動を抑えるための対策も整えられている

  3. NEMとEthereumのパブリックブロックチェーン
    (テックビューロ開発の)mijinのプライベートブロックチェーンとを活用した
    ICOアセットやトークンの発行管理も可能
「ICOで出資したい世界の一般投資家」

  1. COMSAのプラットフォーム上で、
    誰でも安心・安全なICOに参加できるようになった。

  2. 今後COMSAのICOでの功績や注目案件が出て来た場合、
    CMSトークンの価値が高まり、相応のリターンを得られる可能性がある。

    またCOMSAの一部の利益(コンサル料金とかの利益)で、
    CMSトークンをBURN(自社コイン買みたいな感じ)することで、
    実質発行数を減らし徐々に希少価値があがる可能性がある。

  3. 企業が発行するトークンを、
    CMSトークンで購入すると5%ボーナスが付与される特権が得られる。

COMSAの購入方法

COMSAのトークンであるCMSを購入には、
下記を事前に購入することになります。

(現時点で発表されているのは)下記3通貨

ビットコイン(BTC)/イーサリアム(ETH)/ネム(XEM)

Zaifではイーサリアムの取り扱いがありませんので、
Coincheckでご購入ください。

およそ1CMS=1ドル相当と記載があるので、
約110円ぐらいでしょうか。

なので本日のレートで換算すると、
1CMS=0.0002BTC=0.0031EHT=3.9XEM

が必要になります。


長くなってしまいましたので、
ここまでとさせていただきます。

今後、COMSAの普及が社会に与える影響は、計り知れません。

Coinersでは随時COMSAの情報を発信していきますので、
よろしければTwitterのフォローをお願い致します!

皆様の仮想通貨ライフに少しでもお役に立てれば幸いです。

※情報に間違いや不備があった場合は、すぐに修正いたします。