基礎講座14:最近話題のICOとは?今後の資金調達の柱となるか?

ico-cryptocurrency

コイナーズがオススメする仮想通貨取引所ランキングバナー
国内でネムやリップルのアルトコインレバレッジ取引が可能

※コインチェックXEM流出問題を受け、これから仮想通貨を始められる方はZaifでのお取引をお願いいたしております。




スポンサーリンク

YaSU
こんにちは、Coiners編集長のYaSUです。

即効理解!基礎講座では、
なるべく難しい言葉を省き、初心者でも短時間でで理解できるよう、
わかりやすく・コンパクトに解説していきます。

皆様の仮想通貨ライフに少しでもお役に立てれば幸いです。


Satoshi
基礎講座12でトークンについて学びましたが、その中で少し出て来たICOが気になってしょうがないです。少し株をかじっていたのでIPOみたいな感じで親しみを感じていますw
Reico
なんか結構ネットをみてるとICOって話題にしてる人多いです 🙂 私でもわかるように解説お願いします 😳

はい、最後は今話題のICOをサクッと説明します!

えっと、ひとつアナウンスですが、
本日で基礎講座(初級編)が完了します。

ただ、読者の皆様から
リクエストがあれば続編として初級編を追加するかもしれません。

中級編も追々準備していきますので、
もっと詳しく知りたい内容がありましたらお気軽にご連絡ください!

それでは、基礎講座13をはじめていきます!


仮想通貨のICOについて説明する画像

ICOとは何か。

まず、下記赤字を覚えてもらえれば大丈夫です。

ICO:Initial Coin Offeringの略称
クラウド上で仮想通貨(トークン)を発行し、資金調達をすること
トークンに関しては基礎講座12:トークンとは何かを参照ください。

 IPOとICOの違い

まず、よく比較されるのが株式市場でいうIPOです。

IPOは「新規株式公開」という意味で、
今回テーマであるICOは「新規仮想通貨公開」と覚えてください。

ちょっとざっくりですが、まとめます。

●IPO(Initial Public 0ffering)
未上場の企業証券取引所新規株式を公開し、
投資家に取得(日本円で出資)してもらい、
株の売却で資金の調達をおこなう。

↓株をコイン(トークン)に変え、少しアレンジすると↓

●ICO
企業や組織クラウド上独自のトークンを発行し、
世界中の一般投資家に取得(仮想通貨で出資)してもらい、
独自トークンの売却で資金の調達をおこなう。

ICOのメリット

仮想通貨のICOのメリットを説明する画像

あくまでIPOと比べてのメリットですが、
大まかに3つ覚えておいてください。

●資金調達までのコストと時間が圧倒的に少ない
●厳しい審査(信用)もいらないので、誰でもICOに参加できる
●世界中の一般投資家が出資できる
基礎講座12:トークンとは何かでもメリットをまとめていますので、
参考にしてみてください。

補足ですが、

マザーズに上場する場合は書類作成~監査に3年程
コストは約5,000千万円前後かかるといわれています。

ICOの場合、その資金調達したいビジネスの規模にもよりますが、
IPOの1/10(~50)以下でできる?といわれています。
今のところ情報が少ないので詳細は不明ですが。。

あとはデメリットの部分で、
誰でもICOに参加できるので、
ある種、無法地帯みたいな状態になります。

ただ、今年の10月2日より開始されるCOMSAは、
COMSA側での事前審査や、
一定量のCMSトークン保持者にも若干の権限を与える仕組みになっているので、
無法地帯もある程度安全地帯になっていくと思われます。


ICOで起きた重大事件

長くなるので詳しく紹介しませんが、
THE DAO事件に触れておきます。
※THE DAO(←プロジェクト名)は、
イーサリアムのプラットフォームを使用していました。

当時のTHE DAOのページ
ICO関連でTHE DAO事件を紹介する画像

ICOで過去最大規模の約150億円を集めるも、
ハッキングにあい、資金の約1/3を失い、失敗に終わりました。
※スマートコントラクトの脆弱性を狙われました。

この件で、イーサリアムはハードフォークし、
イーサリアムクラシックが誕生したというのがざっくりとした流れです。

一応かなり大きな事件でしたので、ざっくり覚えておいてください。


とりあえず、ネガティブな要因もありますが、
まだICOは始まったばかりです。

ICOにどのように向き合うかは人それぞれですが、

個人的には、新しい資金調達の形が出来、
世界の誰でも小額から出資できる点を高く評価していきます。

皆様も興味がある案件があれば是非参加してみてください。

ICOのスケジュール

下記ページが参考になります。
※おすすめをしておいてあれですが、
まずはむやみに海外のICOに参加する前に、
国内の取引所で購入できる仮想通貨から始めましょうw

有名どころです。
ICO COUNTDOWNさん

 

Coin Scheduleさん

以上です。


即効理解基礎講座1~14までいかがでしたでしょうか。

まだまだ解説できてい内容や、
不備や説明不足等も多々あったと思います。。

Satoshi
YaSUさん、基礎講座本当にありがとうございました!実際の取引等も教えてくださいね 😛
Reico
お疲れ様でした 😳 かなりわかりやすくまとめてくれて、画像とかもちゃんとイメージしやすいのを選んでくれたりありがとうございました!中級編、期待してます 😆

お二人とも、しっかり復習して、実際の取引に活かしていってください。

お疲れ様でした!