NEM/ネム(XEM)|概要・特徴・将来性について

nem-ネム-xem-ゼム-mijin-ミジン-Catapult-カタパルト

コイナーズがオススメする仮想通貨取引所ランキングバナー
国内でネムやリップルのアルトコインレバレッジ取引が可能

※コインチェックXEM流出問題を受け、これから仮想通貨を始められる方はZaifでのお取引をお願いいたしております。




スポンサーリンク

Coiners一押しの通貨!

ネムの投資、今後や将来に役立つ情報をまとめていきます。
※情報は随時更新していきます。

NEM/ネムの基本情報

名称 NEM
読み方 ネム
通貨記号 XEM(ゼム)
公開日 2015年
公式サイト http://nem.io/
最大供給量(分配済) 8,999,999,999 XEM
特徴 地方分権、経済的自由、機会均等の原則に基づいて新しい経済を生み出す。
コンセンサスアルゴリズム Proof of Importance(EigenTrust++)
ホワイトペーパー https://www.nem.io/NEM_techRef.pdf
取引所 Coincheck,Zaif,poloniex,Bittrex 等 

※長期的投資期待度★★★★★★5

※期待度はあくまでCoinersの見解です。
投資・投機はご自身でしっかりお調べの上、自己責任にて行っていただくようお願い致します。

チャート(XEM/JPY)

紹介動画

特徴

POIで富の再分配

NEMはPOI (Proof-of-importance)という仕組みを使っています。
※コンセンサスアルゴリズムに関してはこちら

このNEMのコンセンサスPOIは「(残高+)NEMでたくさんやり取りをした人」が、
より(重要度が)高く評価され、報酬をハーベスト(収穫)しやすくなります。
※このハーベストに参加するには10,006XEM必要で、
NanoWalletでNEMを(取引所から移動し)保管するところから始まります。
※やり方はまた別の記事で紹介します。

上記の何がすばらしいかというと、
NEMのネットワークを積極的に使う人が、
利益を得られる仕組みを作った
ことです。

お金持ちが、お金をかけて、さらにお金を稼ぐというような、
格差を是正し、皆平等に稼げる機会を与えてくれています。

「富の再分配」
というキーワードだけでも覚えておいてください。


EigenTrust++の強固なセキュリティ

NEM独自のアルゴリズムEigenTrust++という評価システムを導入することで、
ノードの重要性を評価し、優良なノードと悪意あるノードを区分けし、
スパム行為を行うノードを(重要度を下げることで結果)排除することが可能になります。


NEM/ネムの便利なアプリケーション

NEM/ネム普及の為に、数多くのアプリケーションもつくられています。

4時間に1回NXEMがもらえたり、ツイッターでXEMをチップで送れたり、
10,000XEM以上保有すると不定期でXEMをハーベスト(収穫)できたりと、
ユーザーにとって大変お得なものです!

下記4つを是非参考にしてみてください!

仮想通貨NEM(ネム)Mainnet Faucet|4時間に1回XEMをもらう

XEM(NEM)BOOK|ログイン不要で時価総額/ハーベスト/重要度等を一発チェック

仮想通貨NEM(ネム)ハーベストのやり方|重要度・報酬・既得バランス等徹底解説

XEMReceiver|仮想通貨NEMをお店で決済/ネム払い導入

NEMの特徴に関しては、特筆すべき点がまだまだたくさんありますが、
量が多くなってしまいましたので、
随時テーマを決めて、小分けにして紹介していきます。

最後に(結構重要なのでw)、
NEMと(Zaifを運営する)テックビューロ朝山社長との関係(さわりの部分だけですがw)
引用させていただきます。

NEMとテックビューロ

2017年6月5日、弊社テックビューロ代表取締役の朝山貴生(氏)が、ブロックチェーンプロジェクトNEMを推進する、NEM.io財団の理事に就任いたしました。

NEMは、2015年4月に始動したブロックチェーンプロジェクトであり、その後NEMのコア開発者3人がテックビューロに合流し、同年9月には世界に先駆けてプライベート利用専用のブロックチェーン製品「mijin」を発表し、現在では300社以上の企業にご利用頂いております。(中略)

NEMとテックビューロは、商業体と被中央集権化されたオープンソースコミュニティという一見相容れない2つの団体間において、世界でも希な利益相反のないエコシステムを構築して参りました。(中略)

mijinとNEM2つのブロックチェーンプロダクトを世に広めるべく尽力して参ります。

テックビューロ公式

※順次情報を追記し更新していきます。