仮想通貨NEM/ネム|送金手数料がハードフォークで格安に!

ネムがハードフォークし取引手数料が大幅に安くなった画像

コイナーズがオススメする仮想通貨取引所ランキングバナー
国内でネムやリップルのアルトコインレバレッジ取引が可能

※コインチェックXEM流出問題を受け、これから仮想通貨を始められる方はZaifでのお取引をお願いいたしております。




スポンサーリンク

Coinersが仮想通貨の最新情報をお届けします。

NEM/ネム(XEM)、ハードフォークで手数料が大幅ダウン

NEMberの皆様にとっては大変うれしいNEWSです。

まず簡単にハードフォークについてですが、

ハードフォーク(※フォーク:分岐の意味)は、
旧ルールから新ルールにバージョンアップするみたいな感じで今は認識してください。
また後日即効理解!基礎講座で解説します。

NEMフォーラムのリリースをまとめます。

 

NEM Beta 0.6.93ハードフォークの要点
●1,250,000ブロックハードフォーク
※8月20日17時現在1,248,948なので残り約1,000ブロック程

送金手数料が現状の1/20となる★
※NEM「NanoWallet」等から送る際にかかる手数料です。
 
・10,000xem毎に、送金手数料が(1xem→)
0.05xem
・32メッセージバイトメッセージも無料で送れる
※32メッセージバイト:大文字5文字、半角15文字程度

・ただ、手数料は1.25xem上限
計算すると、250,000xem以上の送金は、
 原則1.25xemで手数料が固定

 
ちなみにですが、こちらから現在のNEMブロックを確認できます。

※その他、ネームスペース・モザイクもコストダウンされる点や、
NEMのスーパーノード向けのアップデート告知も記載されてます。

これから始める方は上記赤枠のみを参考にしてみてください。 


取引所の対応

コインチェックさんの対応

Zaifさん

特に発表は出ておりません。


Coiners(コイナーズ)ならではの視点を紹介する画像

●取引手数料はやっかいなもので、
色々なビジネスにおいて「足枷」にしかなりません。

ですが、
10,000XEM(現レートで約30万円)までを送金するのに、

1.5円程の手数料で済む
というのはすごいです。

様々な用途にNEMを活用せざるおえない状況がやってきそうですw

ちなみに、NEMのコンセンサスアルゴリズムであるPOIは、
「NEMを取引に使えば使うほど」重要度が高く評価されますので、

手数料が格安のNEMでたくさん取引をすれば、
ハーベストしやすくなります。

以上です。