DMM Bitcoin|リップルやネム等アルトコインのレバレッジ取引が可能

DMMビットコインでレバレッジ取引を行う

コイナーズがオススメする仮想通貨取引所ランキングバナー
国内でネムやリップルのアルトコインレバレッジ取引が可能

※コインチェックXEM流出問題を受け、これから仮想通貨を始められる方はZaifでのお取引をお願いいたしております。




スポンサーリンク

DMM ビットコインでアルトコインのレバレッジ取引

DMMビットコインでレバレッジ取引を行う

2018年1月11日、DMM Bitcoinの口座開設が開始されました。
広告塔はご存知、ローラさんが担当されます。

Coinersでは早速登録を済ませ、どのような特徴やメリットがあるか調査しました。
※口座開設はかなり簡単ですので、こちらのマニュアルをご覧ください。


最大の魅力はアルトコインのレバレッジ取引

DMMビットコインのレバレッジ可能なアルトコイン

レバレッジ取引というのは、現物で仮想通貨を購入するのではなく、少ない証拠金を預け入れ、その元金の数倍の資金で取引することが可能な投資方法です。

レバレッジ取引はハイリスク・ハイリターンな投資ですので、十分リスクを理解した上で、余剰資金でトレードをおこなってください!

▶レバレッジ取引に関してはこちらのビットコインテクニカル分析の後半部分を参考にしてみてください。

これまでビットコインのレバレッジ取引は、ほとんどの仮想通貨取引所で行うことが可能でしたが、リップル等のアルトコインでレバレッジ取引ができる取引所海外取引所のXM(レバレッジ約6倍前後)くらいでした。

少々脱線しますが、Coinersでは海外口座のXMでリップルのレバレッジ取引をMT5というツールを使って取引をし、見事!最高のエントリータイミングで入ることができました。
※グリーンの点線でBUY

リップルのレバレッジ取引をXMでやってみた結果

しかしながら、突如、新規エントリーができなくなる「クローズオンリーモード」状態が続き、しまいにはXMから強制決済を執行され、渋々利益確定に至るかたちとなりました。今も尚、XMのHPには仮想通貨のレバレッジ云々記載があるのでお気をつけください。。。
※しっかり出金はできたのでセーフでしたがw

海外口座XMによる強制決済

今後値上がりをしていくであろう、リップルやネム等のアルトコインのレバレッジ取引を国内の取引所でできる「安心感」「土日含む24時間サポート」が見込まれますので資金に余裕のある方は是非、DMMBitcoinに登録してみましょう。


DMMビットコインのレバレッジ可能なアルトコインの種類

DMMビットコインのレバレッジ可能なアルトコインにリップルやネム等がラインナップに

【現物】
ビットコイン、イーサリアムの円orBTC建て

【レバレッジ】
ビットコイン、イーサリアム、ネム、リップル、ライトコイン、イーサクラシック、ビットコインキャッシュの円orBTC建て

注目は全部!といいたいところですが、Coinersでも一推ししている「NEM/ネム」です。

好材料カタパルトの実装などを控えており、さらにアルトコイン全体で見ても底値付近で暴落時のボラリティも考慮し、CoinersではNEM/ネムのレバレッジ取引を行っていきます。もちろんリップルもですがw


DMMビットコインのチャート機能

DMMビットコインの便利なチャート機能

CoinersではこれまでMT4といわれるチャートツールでトレードをおこなってきましたが、最近の国内仮想通貨取引所のチャート機能がすさまじく使いやすく便利ですので、DMMビットコインのツールを使ってみようと思います。

適当に設定してみましたが、チャート比較チャートもかなり見やすく、設定や使い心地も良さそうな設計となっています。

特に比較チャートでは、現物のビットコインとネムやリップルなどの変動率等を比較可能で、独自の発見があるかもしれません。

※詳細な設定はこちらのマニュアルをご確認ください。


DMMビットコインの手数料

DMMビットコインの気になる手数料

DMMビットコインへの入金・入庫は、銀行振込み手数料とマイナーに払うトランザクション手数料以外すべて無料です。

取引手数料は無料とありますが、スプレッドをどれくらいとってくるのかに注目と、ポジションを翌営業日に持ち越しの場合に建て玉の0.04%/日(スワップ)かかりますので必ず把握しておいてください。


レバレッジ取引のロスカットについて

DMMビットコインのロスカットに関して熟読が必要

少ない証拠金で大きな金額のトレードが可能なレバレッジ取引にはロスカットルールが存在します。
保有ポジションが、一定の水準以上に損失を被った場合、損失の拡大を防ぐため、保有しているポジションを強制的に決済することを指します。

DMM ビットコインの場合、証拠金維持率が80%以下になった場合にロスカットルールが発動し、すべての未決済ポジションを事前通知なく決済(ロスカット)されます。また、未約定新規注文がある場合は全ての注文(現物・レバレッジともに)が取り消されます。
※未約定注文|レバレッジ取引の注文、現物取引の注文が取り消される

こちらもレバレッジ取引をおこなう上で大変重要な事項となりますので、しっかり熟読し、対策と戦略をたてる必要があります。

▶レバレッジ取引のロスカットルールについて

DMMビットコインのデメリットについては未だ取引できていないので、あれば追記していきます。

リスクの理解とある程度のトレードの知識は必要になりますが、テクニカルを最大限活用したアルトコインのレバレッジ取引を行いたい方は、DMMビットコインに登録してみてください。